おすすめリンク

名古屋の子供も安心な歯医者

お子さんの歯医者嫌いを直したくないですか?名古屋にはお子さんでも通いやすい歯医者があります!

予防歯科治療とのその効果

多くの方にとっては実感しにくいかも知れませんが、歯科医療分野の研究は着実に進んでおり、歯科治療はもちろん、予防歯科治療も年々効果が高まっているものの、代替え歯となる義歯の性能に関しては自然歯に及ばないままです。

これは、義歯の性能が向上していないというわけではなく、むしろ義歯の性能は10年前と比較しても耐久性・機能性・審美性の全てにおいて格段に向上していますが、それでもなお、自然歯には及ばないことから、義歯が自然歯と同等の性能を持ち、歯科治療によって自然歯が健全な状態と同等にまで口腔を回復できるようにならない限り、歯と口腔の健康の観点から、定期的に予防歯科治療を受けるメリットは大きいと言えるでしょう。

加えて近年の研究によって、歯と口腔の健康を保つことが健康そのものに大きく影響していることが明らかになってきており、良く噛んで食事を摂ることは消化器官への負担を軽減するのみならず、脳への刺激や心理的にプラスに働く他、ストレスの緩和効果が見込まれるなど、様々な効果が見込まれ、特に認知症予防への効果にはエビデンスもあることから、認知症の予防においても、予防歯科治療は効果があります。

予防歯科治療の認知症予防効果について、もっと正確に述べるなら、予防歯科治療による歯と口腔の保護によって歯と口腔が健康な状態を保っていると、支障なく自力での生活が可能な年数を示す健康寿命が延び、健康寿命が延びると寿命が延びるというエビデンスに基づけば、健康寿命の延長において、固形物を良く噛んで食べる食事、つまり自然な食事の維持が重要な要素であり、歯と口腔の健康とそれを保つ予防歯科治療が健康に大きく影響することに否定の余地はありません。

健康に大きく影響する歯の健康と予防歯科

予防歯科治療は、歯垢や歯石を除去することで口腔内の汚れを取り除き、フッ素の添付によって歯に歯垢や歯石が付着しにくくすることで、歯と口腔の健康を保つ歯科治療であり、虫歯や歯周病を予防し歯と口腔の健康の維持促進する効果に加え、健康寿命の引延ばしや、認知症の発生リスクの抑制にも効果が見込まれています。

日常的に予防歯科治療に通うメリット

日常的に予防歯科治療に通っていれば、虫歯や歯周病の予防効果が見込めるだけでなく、虫歯や歯周病を早期の段階で発見できる可能性が高まることから、歯科治療に際しての歯と口腔へのダメージを最小限に抑制できますので、口内細菌の性質上、一度でも虫歯や歯周病に罹患していた場合、定期的に歯医者に通いましょう。

日常的に予防歯科治療に通うデメリット

基本的に予防歯科治療の治療内容は、歯や口腔にダメージが生じるようなものではなく、予防歯科治療自体にデメリットはありませんが、予防歯科治療の全てが保険適用ではないため、金銭面の負担が重くなりかねませんし、歯医者選びに失敗してしまうと予防歯科治療の効果も半減するので、評判を調べて歯医者を選ぶべきです。

▲ページTOPへ戻る