目指せ!ワンランク上の動画制作

自社でプロのクオリティ!映像制作支援ツール

撮影時の注意点

動画の転送にお勧めのアプリ

大手のクラウドストレージサービスを2つ紹介します。

一つ目は「Dropbox」。
iOS、Androidどちらでも使えるファイル管理アプリです。
動画だけでなくPDFやテキストファイル、音楽ファイル、画像ファイル、なんでも保管することができます。
スマホからClipboxにファイルを入れておいてパソコンからアクセスしダウンロードすれば、面倒なケーブル接続を省けます。

二つ目は「GoogleDrive」。
こちらもiOS、Androidどちらでも使えるファイル管理アプリです。
常に同期させておけば自動的に保存されているので、思い立った時にすぐパソコンからダウンロードできます。
最大の特徴は容量が大きいことです。動画制作ではとても助かりますね。

大手以外で人気のアプリは…

ファイル転送アプリでは「Send Anywhere」というのが一風変わっています。
iOS、Androidどちらでも使えるファイル転送アプリです。
他と違っている点はやはり「有効期限が10分」ということです。
セキュリティ面ではかなり安心できるのではないでしょうか?
手軽さで言えば「Xender」が一番かもしれません。
手順はほとんど他のファイル転送ソフトと同じですが、アカウント登録が必要ないところが最大のメリットですね。
とにかく急いでいる時はこのアプリが良いでしょう。
有料ですが「PhotoSync」も紹介します。
こちらは360円で、iOS用のアプリとなります。
Wifiで送りたい場合やクラウドに上げたい場合など、シーンに合わせて選択することが可能です。
動画制作環境がよく変わる人はあると便利かもしれません。