健康に大きく影響する歯の健康と予防歯科

そもそも予防歯科治療とは

予防歯科治療とは、虫歯や歯周病といった口腔内の病疾患の発症リスクを抑制するための治療であり、歯垢や歯石の除去、フッ素の添付などに加え、正しい歯の磨き方の指導などを歯科衛生士から受けるのが一般的でしょうか。

基本的に日本においての歯科治療には保険が適応されるため、ほとんど国民皆保険に等しいことから、歯科治療にかかる費用も高額になりにくく、虫歯や歯周病に代表される歯や口腔の病疾患が顕在化するまで放置することも珍しくありませんが、国民皆保険を成立させている国は日本以外にほとんどないので、日本以外の国々ではコスト面で予防歯科治療が重視されるのに加え、価値観の根底に自立が強く刻み込まれている欧米諸国において、歯は自己管理のバロメーターの一つであり、日本と欧米諸国における予防歯科治療への意識は全く異なります。

予防歯科治療による歯以外への効果

虫歯や歯周病といった歯や口腔の病疾患の場合、いきなり劇的に症状が進むのは稀であり、段階的に症状が悪化していき、徐々に症状が顕在化していくのが一般的ですが、症状が進んでしまうと虫歯や歯周病の治療も、進行状況に応じ変じて行くことになるため、歯や口腔へのダメージの抑制を考えるなら、予防歯科治療によって早期の段階で治療することが望ましいでしょう。

また、予防歯科治療による歯と口腔の健康維持促進には歯や口腔の健康以外にも効果が期待され、自然歯による飲食が可能となる期間が長くなることから、老後の飲食も滞りなく行えることが見込め、良く噛んで食べる食事の維持により、一人で問題なく生活を送れるか否かを決定づける健康寿命の引延ばしのみならず、認知症の発症リスクを抑制できる可能性もあるのです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る