日常的に予防歯科治療に通うメリット

日常的に予防歯科治療を受けるメリット

日常的に予防歯科治療を受けるメリットは、もちろん虫歯や歯周病といった歯と口腔の病疾患への予防による歯と口腔の健康維持に他ならず、虫歯であれば、初期虫歯の段階で発見することができた場合、歯をほとんど削ることなく治療できるでしょうし、歯周病を早期に発見できたのなら、歯周病が慢性化し口腔の健康を長期間にわたって苛まれるような事態は避けられるはずです。

予防歯科治療を受ける頻度を考える場合、理想を言えば、1ヵ月に一回かかりつけの歯科医院で予防歯科治療を受けることが望ましいものの、3ヵ月に一回でもそれなりの効果は望めるでしょう。

なお仕事と生活の兼ね合いも大切ですが、健康や老後のことを考慮するなら、最低でも半年に一回は予防歯科治療を受けてください。

予防歯科治療を受けるべきか否かの判断材料

虫歯や歯周病はメジャーな病疾患であり、虫歯や歯周病に悩まされることは珍しくもありませんし、反対に虫歯や歯周病と全く無縁というのも全く聞かない話ではありませんが、いずれも個人差によるものが大きく、正確には個々人の口内細菌の分布次第で虫歯や歯周病といった、歯や口腔の病疾患への罹患率が異なります。

つまり、虫歯や歯周病に罹りやすい方もいれば、虫歯に罹りにくい方もいるわけですが、これは、口内細菌の分布に起因しており、虫歯の原因菌として広く認知されるミュータンス菌は先天的に口腔内に生息する細菌ではありませんし、歯周病の原因菌も基本的には同様なので、虫歯や歯周病に一度でも罹患した場合、口腔内から細菌を取り除くことは不可能に等しいため、素直に予防歯科治療を受け、虫歯や歯周病の予防に努めるべきです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る